日本プライマリケア連合学会 学生・研修医部会

1.団体説明

 私たちは、学会の医学生・若手医師支援委員会のサポートの下、プライマリ・ケア、家庭医療、総合診療、地域医療などに関連のある内容を幅広く扱って活動しています。

 主な目的は、学部の卒前教育ではあまり深く取りあげられないテーマについて正しい知識を得て、気軽に情報交換ができ、将来の医療者像を語り合える場を持つことにあります。

 具体的には、『学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー』の開催と全国をいくつかの地域に分けて行っている『支部活動』の2本柱で活動しています。また、メーリングリストやFacebook等を利用して情報発信をも行っています。

 現在は、全国各地の医学生、看護学生、薬学生、その他医療系学生に加え、研修医などが所属しています。

 

 

2.代表からのメッセージ

 みなさんは、家庭医療や総合診療をご存知ですか?2013年4月に厚生労働省から新専門医制度の報告書が公表されました。質が担保された専門医を育成する為に、2017年度から後期研修が必須になり、その中で選べる基本領域専門医の1つに総合診療専門医が加わりました。

 私たちがこれから進む道は、社会の変化に合わせながら、日々変化していきます。病気だけでなく、患者・患者家族・地域まで診るといった広い視点を持つことが、これからは求められてきます。

 私たちとの活動を通して、決して大学の授業だけでは得ることのできない、プライマリ・ケアに臨む姿勢・考え方を、実際に総合診療の分野で活躍されている先生や、地域の医療に従事されている家庭医の先生から得られることでしょう。

 学会という名前が入っていますが、『学生の自主的な学び』を大切にし、日々活動を行っています。是非、一緒に活動してみませんか?

 詳細については学生・研修医部会HPを覗いて見て下さい!

 

 

3.団体ホームページ

http://family-s.umin.ac.jp/

https://www.facebook.com/groups/301655406563921/

https://www.facebook.com/primarycare.student